Attributeクラス

名前と値を関連付けるようなオブジェクトを作成する場合に、Attributeクラスは用いられます。 例えば以下の様な値を取得したとします。

[{Name: hoge, Value: hogehoge} {Name: foo, Value: bar}]

この取得した値がItem itemに格納されていることを前提として、Attributeクラスを用いてhogeのValueを取り出してみます。

List<Attribute> list = item.getAttributes();
String value = null; 
for(Attribute atr : list){
    if("hoge".equals(atr.getName)){
        value = atr.getValue();
    } else {
        value = "none";
    }
}


AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様