IEの互換モードについて

IEのページ表示について

IEはHTMLの先頭にある「!DOCTYPE」の種類により、描画を切り替えていた。
開発者が一度決めた振る舞いがバージョンアップによって変更されないため、高い互換性を保っていた。

しかし、IEのバージョンアップによってより良い機能を利用できるようになっても、「!DOCTYPE」を変更しない限り利用できないという問題が発生するようになった。

—> IE11からは「Edge」という最新の描画エンジンで描画を行うようにした。

最新の描画エンジンで正しく表示されないサイトの対処

しかし、その設定では正しく表示されないWebページもあり、それを解消するために「互換モード」という設定がある。

IE11の右上のギアのアイコンから[互換表示設定]を選択し、正しく表示されないサイトを追加すると、以前のバージョンの描画エンジンで描画が行われるため、正しく表示されることがある。

これはユーザ側での対応になるが、開発側で対応するにはタグに互換モードを指定することで可能になる。IE7で表示したい場合の例を示す。

<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=7" >

以前のバージョンを利用することはセキュリティ上の危険性が増すことが考えられる。IEの対策に頭を悩ますエンジニアの気持ちがよくわかりました…

Web制作者は注意! Internet Explorer 11で変更された「互換性」

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様