date型のログをdate型でelasticsearchに入れる

date型のログをelasticsearchに入れた時にtext型として認識されてしまい、グラフ化できなかった。

このような時、あらかじめ型のフォーマットを定義しておき、その後elasticsearchにログを入れていく。
型のフォーマットの定義は、jsonファイルを用意し、curlでelasticsearchに登録する。

  • template.json
{
   "template":"hogehoge-index",
   "mappings":{
      "nginx":{
         "properties":{
            "local_time":{
               "type":"date",
               "index":"not_analyzed"
            },
            "host":{
               "type":"keyword",
               "index":"not_analyzed"
            }
         }
      }
   }
}
$ $ curl -XPUT <ES_ENDPOINT>/_template/hogehoge-index?pretty -d "$(cat template.json)"

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様