Route53では、SPFレコードを使ってはいけません。

代わりに、TXTレコードを使いましょう。 以下、AWS公式からの引用です。

SPF 形式
以前は、メールの送信者の身元を確認するために SPF レコードが使用されていました。しかし、レコードタイプが SPF のリソースレコードセットを> 作成することはもうお勧めできません。

参考:AWS公式

関連記事