csvデータをwordpress custom field templateに載せる


$lines = file('FREE_WiFi_and_TOKYO.csv'); foreach($lines as $line){ $data = explode(',',$line); $postid = wp_insert_post($post);

csvファイルを行列に変換し、postidをwp_insert_post関数としておく。 ($postは投稿内容)


if($postid){ update_post_meta($postid,'key1',カスタム1); update_post_meta($postid,'key2',カスタム2); }else{ }

これによりあらかじめcustom field templateで設定しておいたkey1,key2にカスタム1,2を入れ込む事が可能。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様