AmazonLinux+nginxの環境でdehydratedでワイルドカード証明書を取ろうと試みていてまだ成功してないけどletsencryptのワイルドカード証明書の情報が全然ないのでとりあえずメモを残しておく。

はじめに

ちなみに公式サイトによるとletsencryptがワイルドカード証明書に対応したのは1/4日、完全に使えるようになるのが2/27とのこと。そのため、まだletsencryptのワイルドカード証明はみんな敬遠しているみたいですね。

なおgithubでchangelog見に行ってみるとdehydratedがワイルドカード証明書に対応したのは2/8の模様。

自分がやったやり方

まず一時ディレクトリ作成


cd /var/www mkdir dehydrated

nginxのserverディレクティブの中につぎのディレクティブを加える


location ^~ /.well-known/acme-challenge { alias /var/www/dehydrated; }

次にワークツリー内のdocs/examples/configをワークツリーの一番上に持ってくる

そして、同じくワークツリーの一番上にdomains.txtを作り、そこに証明書を取りたいドメイン名を書く

www.example.com stage.example.com

ここに複数横並びで書くと、マルチドメインの証明書が取れる

ここで、*.example.comとか書けば、ワイルドカード証明が取れる…ハズ…

続いて、

./dehydrated --config /~/dehydrated/config --register --accept-terms
./dehydrated --config ./config --cron

を実行すると、証明書が取れるらしい。両方、done!と出れば成功らしい。

自分の場合、1つめはdone!となったが、2つめで

 "type": "urn:acme:error:malformed",
  "detail": "Error creating new authz :: Wildcard names not supported",
  "status": 400

こんなメッセージが出てしまった…

Wildcard names not supportedって…

changelogでは対応したって書いてなかったっけ…

1/4日にテスト版を公開したってあったけど、結局まだ使えないのか?

どこが間違っていたのか、わかったことがあり次第、追記なりなんなりしていきたいと思います。


関連記事