自作のシェルスクリプトのコマンドにオプションを付加する。

自作したシェルスクリプトにオプション処理を付加する。

sh {ファイル名}

シェルスクリプトのメイン処理の前に以下の記述を行う。

#引数解析
COMMAND=`basename $0`
#各引数の処理
while getopts {オプションに使う文字を列挙:例)hs}: OPTION
do
case $OPTION in
#f ) OPTION_f="TRUE" ; VALUE_f="$OPTARG" ;;
h ) OPTION_h="TRUE" ;;
s ) OPTION_s="TRUE" ; VALUE_s="$OPTARG" ;;
* ) echo "Usage: $COMMAND [-m | -e] [-s suffix] name ..." 1>&2
exit 1 ;;
esac
done
#残りの非オプションな引数のみが、$@に設定される
shift $(($OPTIND - 1))

# オプション処理
#-hオプション処理
if [ "$OPTION_h" = "TRUE" ]; then
#処理の記述
fi
#-sオプション処理
if [ "$OPTION_s" = "TRUE" ]; then
#処理の記述
fi

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様