PHPで条件式を用いる時の「===」と「==」違い

if文なんかで値の一致を調べる時に、「===」と「==」のどちらを使うかでは大きな違いがあります。

「==」は 単に値が一致しているか確かめたい時に用います。 一方で、 「===」は値とデータ型までふくめて完全に一致しているかを確かめたい時に使います。

例えば、

$a = 111;
$b = "111";

if ($a==$b){
 echo "等しい"; //実行される。
}
if ($a===$b){
 echo "等しい";  //実行されない。
}

となります。

「===」の方が「=」が多いからなんとなく良さそうと思ってテキトウに使っていたらダメなようです。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様