条件に合った投稿を取得するのに使うのが、クラス WP_Query と関数 get_posts() であるが、 今回はこの2つの違いについて述べる。

WordPressにおいて、 投稿を取得するのは WP_Queryである。 get_posts() もWP_Query を呼び出して使う。

get_posts() は、 投稿データ(オブジェクト)の配列を返す。 取得結果しか扱えない。 扱いやすいのはget_posts()である。

WP_Query は、 クエリを実行するクラスを直接操作する。 取得条件や、それに付随する機能をメインループと同じように利用できる。 処理に無駄なく出来るのがWP_Query である。

関連記事