postfixのドメイン設定、暗号化設定

まずはじめに

postfixの設定ファイルは/etc/postfix/main.cfです。

そして、設定を変更したら、

postfix reload

というコマンドによって変更した設定を反映させることを忘れないようにしましょう。

ドメイン設定

/etc/postfix/main.cfにおいてデフォルトでは以下のように設定されていると思います。

myhostname = localhost
mydomain = localhost

明示的には書いてありませんがmyoriginという設定項目があり、これがデフォルトではmyhostnameを参照しており、サーバーが送るメールのアドレスの@以降の部分を規定しています。よって、何も設定を変えていないとexample @localhost.localdomainのようになります。(myhostnameに.が入らないような文字列が指定されていると、自動で.localdomainが付きます。)

localhost.localdomainではなく自分の取得したドメイン名を設定したいだけであれば、1番早いのはmyhostnameの値を変えることです。

myhostname = mail.example.jp

暗号化設定

メールが暗号化されている場合、メールの詳細情報に「標準的な暗号化(TLS)」と表示されます。暗号化がなされていない場合、それが原因で迷惑メール扱いされてしまう可能性もあるため、設定しておくことをおすすめします。 SSLの設定がされていれば、次のように、/etc/postfix/main.cfに追記すれば受信、送信共に暗号化されます。

smtpd_use_tls = yes
smtpd_tls_received_header = yes
smtp_use_tls = yes

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様