cake PHP validationの使い方

CakePHPでは、バリデーションによる入力チェックの仕組みを使用するために、Validatorというクラスが用意されています。 このクラスは、入力に対し独自のルールを適用するための仕組みです。

Validatorクラスには次のようなメソッドがあり、値の評価が出来ます。

・値が空かどうかのチェック

指定したフィールドの値が空かをチェックすることが可能です。

allowEmptyは空の値を許可し、notEmptyは逆に空なら許可しません。

$validator->allowEmpty( フィールド名 );
1
$validator->allowEmpty( フィールド名 );

notEmptyでは、ルールに違反して空白だった場合にメッセージを表示することも可能です。


$validator->notEmpty( フィールド名 ); $validator->notEmpty( フィールド名 ,メッセージ); 1 2 $validator->notEmpty( フィールド名 ); $validator->notEmpty( フィールド名 ,メッセージ);

・フィールドのチェック

以下のようにすると指定したフィールドがあるどうかをチェックすることも可能です。


$validator->hasField( フィールド名 ); 1 $validator->hasField( フィールド名 );

・フィールドの存在チェック

また、以下のようにすると指定したフィールドに、NOT NULL相当にし、なおかつ必須項目にします。


$validator->requirePresence( フィールド名 ); 1 $validator->requirePresence( フィールド名 );

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWSの移行・構築はプロにおまかせ

サーバーからAWSへの移行も新規構築も初期費用無料です。
面倒なサーバー業務は全てお任せください。

くわしく読む