cake PHP validationの使い方

CakePHPでは、バリデーションによる入力チェックの仕組みを使用するために、Validatorというクラスが用意されています。 このクラスは、入力に対し独自のルールを適用するための仕組みです。

Validatorクラスには次のようなメソッドがあり、値の評価が出来ます。

・値が空かどうかのチェック

指定したフィールドの値が空かをチェックすることが可能です。

allowEmptyは空の値を許可し、notEmptyは逆に空なら許可しません。

$validator->allowEmpty( フィールド名 );
1
$validator->allowEmpty( フィールド名 );

notEmptyでは、ルールに違反して空白だった場合にメッセージを表示することも可能です。


$validator->notEmpty( フィールド名 ); $validator->notEmpty( フィールド名 ,メッセージ); 1 2 $validator->notEmpty( フィールド名 ); $validator->notEmpty( フィールド名 ,メッセージ);

・フィールドのチェック

以下のようにすると指定したフィールドがあるどうかをチェックすることも可能です。


$validator->hasField( フィールド名 ); 1 $validator->hasField( フィールド名 );

・フィールドの存在チェック

また、以下のようにすると指定したフィールドに、NOT NULL相当にし、なおかつ必須項目にします。


$validator->requirePresence( フィールド名 ); 1 $validator->requirePresence( フィールド名 );

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様