【Amazon WorkSpaces】 ユーザーのパスワード変更

1. WorkSpacesクライアントのパスワードリセット機能による変更

そもそもパスワードを知らない場合にも使用できるフロー。

1. WorkSpacesクライアントのログイン画面を開き、「パスワードを忘れた場合」を押下

2. ユーザー名とCAPTCHAの答えを入力し、「パスワードの回復」を押下

3. 下記のようなメールがユーザー追加時に設定したメールアドレス宛に届く

パスワードのリセットリクエスト ( Password Reset Request )
=========================================================

日本語 (Japanese)

ご利用ありがとうございます。

この E メールアドレスに関連付けられている、
WorkSpace にアクセスするためのパスワードのリセットリクエストを受け取りました。
このリクエストをお送りいただいた場合は、
以下のリンクにアクセスしてパスワードをリセットしてください。

< パスワードをリセットする >

お客様がこのパスワードのリセットをリクエストされていない場合は、管理者にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。
Amazon WorkSpaces チーム

ちなみに、宛先メールアドレスはAWSマネジメントコンソールの「ユーザーの編集」画面にて確認・変更可能です。

4. メール文中にある「パスワードをリセットする」のリンク先画面にてパスワードを変更

2. Ctrl-Alt-Del 押下時の画面から変更

WorkSpaceへログイン後に自分自身のパスワードを変更する場合のフロー。

1. WorkSpacesクライアントのメニューにある「CTRL-ALT-DELを送信」を押下

2. 「パスワードの変更」を選択

3. 表示される変更画面にてパスワードを変更

3. Active Directory 管理ツールによる変更 (上級者向け)

Active Directory ドメイン管理者として変更するフロー。 同一ドメイン内の他Windowsサーバーからでも、ドメインのAdministrator権限があれば、パスワード変更を行うことができる。

Active Directory ドメイン サービスのインストール

1. スタートメニューより「サーバーマネージャー」を起動
2. 起動後のトップ画面にて「役割と機能の追加」を押下

3. ウィザードで下記を選択 (下記指定箇所以外はそのままにして次へ進む)
 ・インストールの種類: 役割ベースまたは機能ベースのインストール

 ・サーバーの選択: 操作中のマシン

 ・サーバーの役割: Active Directory ドメイン サービス

Active Directory ユーザーとコンピューターでの変更

1. スタートメニューの「Active Directory ユーザーとコンピューター」を右クリックし、「別のユーザーとして実行」を選択

2. Simple AD サーバー作成時に指定した Administrator ユーザーの認証情報を入力

3. 左端のツリーにある「Users」を選択
4. 変更対象ユーザーを右クリックし、「パスワードのリセット」を選択

5. 「ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要」のチェックを解除

6. パスワードを入力して変更

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。