Pluginを使わずに、手作業でWordPressのサーバーを移行させる(新しいサーバーにデータを配置)

前記事はコチラ。
Pluginを使わずに、手作業でWordPressのサーバーを移行させる(元サーバーからデータ取得)

新サーバーにWordPressのファイルを配置する。

前の手順から、以下ファイルが手に入れてられているのが前提です。

・wp_files.tgz
WordPressの圧縮したファイル群

・db_dump.sql
WordPressのDBからとったダンプデータ

配置位置ですが、新サーバーにすでにWordPressのファイルがある場合には、その位置へ。
また所定の位置が決まっているのであればドキュメントを参照。

もし、新規にサーバーを構築して、配置したいのであればapacheやnginxの設定ファイルからDocumentRootを参照して下さい。
ここでは、DocumentRootを一般的な「/var/www/html/」としています。

まずはsftpなどで新サーバーにファイルを置きます。どうせ移動させるのでどこでも構いませんがtmpに置いたとします。

$mv /tmp/wp_files.tgz /var/www/html/
$cd /var/www/html/
$tar xvzf wp_files.tgz

これで配置完了です。

新サーバーにDBの中身を入れる

上の作業でWordPressのファイルはおけたのですが、管理者のデータなどデータ関連は入っていません。あくまで箱だけです。

今度はdb_dump.sqlからデータを反映させましょう。db_dump.sqlはどこでもいいですが、/tmp/に置いてある想定です。

#mysqlへログイン(アカウントはサーバーもらったとこに聞いてね。)
mysql -uroot -p
> db_root_passwd

#もし、先に不要なWordPressが入っているようであれば、DBを吹き飛ばします。
mysql> DROP DATABASE orig_db_name;
mysql> CREATE DATABASE orig_db_name;

#前のサーバーのアカウントを追加する
mysql> grant all on orig_db_name.* to db_user @localhost identified by 'db_passwd';

#一旦離脱
quit;

#データを入れる
cd /tmp/
mysql -uroot -p orig_db_name < db_dump.sql
> db_root_passwd

これでデータが入りました。 サーバーのIP、もしくはドメインにアクセスしてみて問題なければOKです。

移行してもアクセスできない!動作がおかしい!場合には次の記事を。

Pluginを使わずに、手作業でWordPressのサーバーを移行させる(移行後おかしい場合)

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様