Amazon WorkSpaces上でWorkDocsでファイル共有する

Amazonの提供する仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」で仮想デスクトップを作ると、同時にWorkDocsのサービスも有効化されます。WorkDocsは「AmazonのDropbox」と言えるサービスで、仮想デスクトップ間のファイル共有に利用できます。

仮想デスクトップ上でのWorkDocsの使い方

仮想デスクトップを一つでも作っていれば、WorkDocsのコンソールにアクセスすると以下の画面のようにWorkDocsの環境も作られています。サイトURLクリックでサービスサイトが開き、仮想デスクトップのユーザー情報でログインできます。

上記画像内のサイトURLの 赤く伏せたサブドメイン部分 は、仮想デスクトップからWorkDocsを利用する際に必要になります。仮想デスクトップからWorkDocsを開始する手順は以下になります。

1. 前述の 赤く伏せたサブドメイン部分 を入力。

2. 仮想デスクトップのログイン情報でログイン

3. 共有フォルダを指定

4. 共有方法を指定

※「Zocalo」というのはWorkDocsの旧名です。

以上の設定で仮想デスクトップに「WorkDocs」フォルダが作られ、そこに入れたファイルが自動でアップロードされるようになりました。ファイルの共有などの操作はWorkDocsのサイトURL側で行えます。

WorkDocsの料金

WorkDocs料金

WorkSpacesのユーザーに関しては1ユーザーあたり50GBが無料で利用できます。そのため上記の手順のようにすでにWorkSpacesを利用していればWorkDocsの環境は無料で扱えることになります。

WorkSpacesを使わずWorkDocsのみで利用すると1ユーザーあたり1TB/月$5〜の料金がかかります。

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。