RDSをphpMyAdminから操作する

RDSにはphpMyAdminのようなデータベース操作ツールは含まれていません。ここではEC2にphpMyAdminをインストールしてかんたんなSQLを発行するところまでを説明します。RDSおよびEC2のインスタンスは疎通できていることを想定しています。

phpMyAdminのダウンロード

RDSへ接続ができるサーバーに、phpMyAdminをダウンロードします。

ここではphpMyAdmin-4.7.7をDLしていますので、最新版の場合には公式サイトからDL先を変えて下さい。

$ wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.7.7/phpMyAdmin-4.7.7-all-languages.zip
$ unzip phpMyAdmin-4.7.7-all-languages.zip
$ rm phpMyAdmin-4.7.7-all-languages.zip

ダウンロードしたファイルを、アクセスできる領域に配置します。 ここではドキュメントルートが/var/www/htmlであると仮定します。

$ mkdir /var/www/html/phpmyadmin
$ mv phpMyAdmin-4.7.7-all-languages/* /var/www/html/phpmyadmin

配置が完了したので、サンプルのコンフィグをコピーし、書き換えて、RDSへアクセスするように変更します。

$ cp /var/www/html/phpmyadmin/config.sample.inc.php /var/www/html/phpmyadmin/config.inc.php
$ vim /var/www/html/phpmyadmin/config.inc.php
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* Server parameters */
$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
/* Server parameters */
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '【エンドポイント】';
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エンドポイントがわからない場合にはRDSのインスタンスの詳細画面から確認が可能です。

phpMyAdmin

今回はドキュメントルートを「/var/www/html/」としており、その配下にphpmyadminを作ったので、

http://インスタンスのIP/phpmyadmin

でアクセス可能です。

ユーザー名とパスワードはRDSの設定時のものでログイン可能です。

ログインしたあとはphpMyAdminの使い方になるので割愛しますが、SQLもこのように実行可能です。

注意

今回は最低限、phpMyAdminでの操作を可能にするための設定をしました。

phpMyAdminはDBの操作が可能です。

そのため、実際に運用する場合には、セキュアな状態でアクセスを行えるよう以下のような設定が必要です。

・httpsでのアクセスができるようにする。
・phpMyAdminへのアクセスを自分の端末からのみにするよう接続制限をかける。
・ベーシック認証などを行うようにして、多段認証にする。
・アクセスURLをvhostsなどでメインのwebサーバーとは別にする。

などを行わないと、悪意あるユーザーが不正にアクセスをして大事なデータを書き換えられたり、

アクセスしに来たユーザーへの攻撃をあなたのHPが行うことになりますので注意しましょう。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様