PhpSpreadsheetでEXCELファイルに配列のデータを書き込む

PhpSpreadsheetでを使うと、配列のデータをEXCELファイルに書き込むことができます。 その際には、以下のような処理を書きます。

public static function writeExcelDownloadTranscript($data)
{
    $file = "buildings_owner.xlsx";//新規ファイル名の指定
    $spreadsheet = new Spreadsheet();
    $sheet = $spreadsheet->getActiveSheet();//アクティブシートを取得
    $sheet->fromArray($data, NULL, 'A1', true);//fromArray(格納したいデータ,NULL,データ格納開始位置,trueの場合:0が記入される/falseの場合:空欄になる)
    $writer = new Writer($spreadsheet);
    $writer->save($file);
}

PhpSpreadsheetでは、EXCELファイルに書き込みを行うときには新規ファイルを作成する仕組みになっています。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様