PhpSpreadsheetでEXCELファイルに配列のデータを書き込む

PhpSpreadsheetでを使うと、配列のデータをEXCELファイルに書き込むことができます。 その際には、以下のような処理を書きます。

public static function writeExcelDownloadTranscript($data)
{
    $file = "buildings_owner.xlsx";//新規ファイル名の指定
    $spreadsheet = new Spreadsheet();
    $sheet = $spreadsheet->getActiveSheet();//アクティブシートを取得
    $sheet->fromArray($data, NULL, 'A1', true);//fromArray(格納したいデータ,NULL,データ格納開始位置,trueの場合:0が記入される/falseの場合:空欄になる)
    $writer = new Writer($spreadsheet);
    $writer->save($file);
}

PhpSpreadsheetでは、EXCELファイルに書き込みを行うときには新規ファイルを作成する仕組みになっています。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。