Bashとは

このページの内容は前回「Linuxコマンドを試してみよう」を試した前提で進めます。

BashとはLinux系OSでは初期選択されているシェル(ユーザーインターフェースソフト)です。

Windowsでいうところのエクスプローラーみたいなものだと考えてください。

前回までいくつかのLinuxコマンドを実行してきましたが、それらのコマンドを渡していた相手がBashなのです。

Bashの利点

Bashの利点はBashスクリプトとしてサーバー作業を記述できるところです。

例えばアプリケーションサーバーとDBサーバーを停止して、ファイルを差し替えて起動するなどは以下のように書いて実行できます。

#!/bin/sh

service tomcat7 stop
service mysql stop

cp -rf /path/to/dir/src /path/to/dir/desc

service mysql stop
service tomcat7 start

Windowsに例えると、「左下に表示されているマークをクリック、コンピュータの形のアイコンをクリックした後に、Cドライブという名前の銀色のアイコンをクリックして…」といった、面倒な操作を上記のようなテキストファイルで記述できるのです!

何度も同じ作業を行うときはスクリプト化しておくと再利用することができ、他の人に作業を任せるときに担当者によって作業内容が変わりづらくなるというメリットがあります。

Bashのことが少し分かってきたところで、Bashを実際に使ってみましょう。


次のAWS入門記事: Bashを使ってみよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。