Wicket1.4 で ContentTypeをxmlにする

WicketでWebPageクラスを使っていると標準でContentTypeが”text/html”になるので、変更方法を

public class XmlPage extends WebPage {
  @Override
  public String getMarkupType() {
    return "xml";
  }

  @Override
  protected void configureResponse() {
    super.configureResponse();
    if (getWebRequestCycle().getResponse() instanceof WebResponse) {
      getWebRequestCycle()
        .getWebResponse()
        .getHttpServletResponse()
        .setContentType("text/xml");
    }
  }
}

 

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様