WordPressが真っ白になった話【wordpress】

WordPressのドメイン名を変えるぞ! IPアドレスじゃなくてドメイン名にするぞ!(特にリンク先など)

調べてみると、WordPress管理画面から 「設定」→「一般」と開くと、

・WordPress アドレス (URL) http://{IP}

・サイトアドレス (URL) http://{IP}

アドレスが2つある・・・。よし、よくわからんから上の「Wordpress アドレス」からIPの部分をドメインに変えよう。間違ってたら戻せばいいしね!(フラグ)

変えて、変更を保存して更新。

「ページにアクセスできません。」

ふむ、これは失敗だったか。

WordPressの管理画面ではなく、自分のサイトへ。

そうですでかい矢印のあるその画面です。 真っ白であきらかに壊れている感のあるその画面です。

ネタバラシをするとどうやら、

WordPress アドレス (URL)=管理画面

サイトアドレス (URL)=一般に公開される画面

だそうで、管理画面だけアドレスを変えたところ、管理画面が行方不明になったようです。

基本的にはWordPress (URL)は変えないほうが良さそうです。と言っても後の祭り。

■どうにか復旧しよう。

自身で保存したWordPressのディレクトリ内にある。

vi /path/to/wp-config.php

を編集します。 開くと、

.
.
.
/** MySQL hostname */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** Database Charset to use in creating database tables. */
define('DB_CHARSET', 'utf8mb4');

/** The Database Collate type. Don't change this if in doubt. */
define('DB_COLLATE', '');
.
.
.

たくさんdefineのコマンドが並んでいると思います。そこに、一行付け足しておきましょう。

define('WP_SITEURL', 'http://自分のアドレス/wptest');

すると無事、wordpressは復帰、管理画面を開けるようになりました。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様