「boto3」を使い,AWSに接続する方法

ここではAWSのCloudwatchに接続するコードを載せます。

from boto3.session import Session
AWS_ACCESS_KEY_ID = '**************'
AWS_SECRET_ACCESS_KEY = '******************'
AWS_DEFAULT_REGION = 'ap-northeast-1'

def access():

    accesskey = AWS_ACCESS_KEY_ID
    secretkey = AWS_SECRET_ACCESS_KEY 
    region    = AWS_DEFAULT_REGION

    session = Session(aws_access_key_id=accesskey,
              aws_secret_access_key=secretkey,
              region_name=region)

    cloud_watch = session.client('cloudwatch')

補足

アクセスキー、セレクトキーはIAMで作ったユーザー情報を入れてください。IAMで設定した権限の範囲で接続できるようになります。今回の例ではCloudwatchにアクセス可能にすることが必要です。

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。