WordPressの画像データをS3に保存する

AWSにはS3というストレージが用意されています。

今回はそのS3に、wordpress上の画像を保存する手順をやっていきたいと思います。

バケットを用意する

「S3」をクリックします。

「バケットを作成する」をクリックします。

バケットの名前は世界で一つだけにしないといけません。少しだけ工夫して名前をつけてください。

名前を決めたら「次へ」をクリックします

「次へ」をクリックします

「次へ」をクリックします

「バケットを作成」を押します

できました。

WordPressに必要なプラグインをいれます。

WordPressの管理画面から「プラグイン」、「新規追加」を選択します。

キーワードに「S3」といれます。すると勝手に表示されますので、「WP Offload S3 Lite」を「インストール」します

少し待つと、「インストール」が「有効化」に変わるので、有効化を押します。

画面がプラグイン一覧に戻るので、「Setting」をクリックします。

WP Offload S3 Liteの設定

まず、AWSのアカウント情報を登録します。

「Settings」をクリックします

AWSアカウントをwordpressのファイル郡の中にあるwp-config.phpに書き込めという指示です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウェブサーバーにログインします。

# vi /var/www/html/wordpress/wp-config.php
.
.
.
define( 'AS3CF_AWS_ACCESS_KEY_ID',     '********************' );
define( 'AS3CF_AWS_SECRET_ACCESS_KEY', '**************************************' );
.
.
.

を追加します。末尾ではなく、他のdefineが並んでいるところに付け足してください

ウェブサーバーの役割終了です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確認してみよう

もういちど、Offloadの画面を開き、先程作ったバケットを選択します。Browse existing bucketsから選ぶと簡単です。

あとは、wordpressに画像を投稿してみましょう

URLのところを見ると、S3のところに保存されたことが確認できます。

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。