【AWS】冗長構成のための (ほぼ) ステートレスな WordPress

はじめに

AWS を始めとするパブリッククラウドにおいて Web サーバーを構成する際、 「ステートレス」というキーワードが重要視される。
サーバーに可能な限り固有の状態を持たせないことによって、サーバーの生成・廃棄が容易になる。
それによって、パブリッククラウドが備える膨大なリソースを活かした柔軟な水平スケーリング、高可用性が実現できるからだ。

余談: ペットと家畜のアナロジー

どうでもいいが、クラウドサーバーにおける生成・廃棄の容易さに対する考え方は、ペットと家畜のアナロジーを用いて議論されることがある。
つまり、個々のサーバーをかけがえのない大事なペットと捉えるか、死んだら替えを用意するだけの社畜家畜と捉えるか。

冗長構成のために WordPress サーバーを (ほぼ) ステートレスにするには

WordPress サーバーの状態とはなんだろうか。

  1. DB に記録されるデータ
  2. セッションストア
  3. メディアファイル
  4. その他ファイル
    • WordPress コアのファイル
    • プラグインのファイル
    • プラグインが作成するファイル
    • テーマが含む JS、CSS、画像など

1.は Amazon RDS 等のマネージドな RDB サービスを使用すれば済む。

2.も WordPress コアについては、 DB と Cookie を使用しているので基本的には問題にならない。プラグインなどで PHP のセッションを使っている場合でも、ElastiCache を導入すれば対処できる。

3.はデフォルトだと各サーバー内にファイルとして保存されることになるので、まさしく唾棄すべき状態だ。

4.も状態が生じうるが、運用方法次第 (WordPress の自動アップデートを無効化してブルー・グリーンデプロイできちんと管理して行う、プラグインやテーマを勝手にインストールしないなど) で状態を極力発生しないようにできるし、それにより公開サイトへ不都合が生じることを防ぐことができる。
(ただし、自動アップデート無効化によるセキュリティの低下は妥協せざるを得ない。)

よって、冗長構成のWordPressサーバーを構築する際の最初の仕事は、 3.メディアファイルへの対応であろう。

メディアファイルどうする問題

1. rsync や lsyncd でファイル同期

冗長化構成の AWS EC2 における、lsync + rsync によるファイル同期

  • お手軽 (コスト的な意味で)
  • 数秒〜の遅延が発生する
  • 同期対象を明示的に指定する必要がある
    • オートスケーリングするような環境には向かない
    • オートスケーリングしない環境ならば、楽で良いのでは

2. 自前で共有ディスクを構築 (NFS)

男は度胸!何でもためしてみるのさ。

3. マネージドな NAS サービスを使用

【東京リージョン対応】Amazon EFS の速度計測してみた結果【祝】

例えば EFS (AWS) や Cloud Filestore (GCP) など。

  • 一見すると最も正攻法に思われるが NFS なので基本的にとても遅い
  • データ量が少ない場合、IOPS がかなり低いので、小規模な Web サイトの配信用途には不向きかと
    • プロビジョンドスループットモードで設定する、ダミーデータを数百 GB 程度置いて水増しするなど、金に糸目を付けないなら話は別

4. 自前で共有ディスクを構築 (分散ファイルシステム)

GlusterFS や CephFS など。
どちらも RedHat が開発していたり、それなりに実績もあるらしい。

男は度胸!何でもためしてみるのさ。

5. WordPress のプラグインで S3 へファイル同期

【WordPress】プラグインを使用して静的ファイルやメディアファイルを S3 へオフロード

オートスケーリングする環境向けには、この方法が現実的かと。

おわりに

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。