Amazon S3に公開したサイトをRoute53で独自ドメインをつける

今回はAmazon S3に公開したサイトに独自ドメインをつける手順を紹介していきます。以前、Amazon S3で公開したサイトのURLを独自ドメインに変えていきます。

前提

Route 53で使用したい独自ドメインを登録してあることを前提としています。

S3の準備

  • バケットを作成し、バケット名に独自ドメイン名を設定する。
  • バケットにファイルをアップロードする。
  • 作成したバケットを公開する。

バケット名を独自ドメイン名にすること以外は全て以下の記事と同様の手順になるので今回は省略します。

Amazon S3 で静的なウェブページを公開してみた

独自ドメインを割り当てる

  1. AWSコンソールから 「サービス」 → 「Route 53」を起動します。

  2. 「Hosted zones」を選択し、割り当てたいドメイン名をクリックします。

  1. 「Create Record Set」をクリックします。

  1. 下のような画面が表示されるので「Name」にサブドメイン、「Alias Target」に作成したバケットを指定して「Create」をクリックします。

  1. 独自ドメインでアクセスしてみます。

このように独自ドメインでウェブページにアクセスできれば成功です。

さいごに

今回はS3で公開しているサイトに独自ドメインをつけてみました。S3のバケットに独自ドメイン名をつけるためにはバケット名と独自ドメイン名を一致させなければならないということに注意する必要があります。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。