EC2で構築したWordPressをRoute53でドメイン設定する

今回はEC2で構築したWordPressをRoute53でドメイン設定する手順を紹介します。

ここではWordPressが入ったwebサーバーが出来上がっているという前提でRoute53のホストゾーンのドメインを設定していきます。

前提

  • EC2にWordPressをインストール済みである。

EC2にWordPressをインストールする

  • Route 53で使用したい独自ドメインを取得済みである。

Route53でムームードメインにて取得済みのドメインを管理する

Route53の設定

  1. AWSコンソールから 「サービス」 → 「Route 53」を起動します。

  2. 「Hosted zones」を選択し、割り当てたいドメイン名をクリックします。

  1. もし、指定したいサブドメイン名がすでにある場合はそれを選択します。ない場合は「Create Record Set」をクリックします。

  1. 下のような画面が表示されるので「Name」にサブドメイン、「Alias」を「No」にして「Value」にIPアドレスを入力します。全ての入力が終わったら「Save Record Set」をクリックします。

WordPressの設定

WordPressで独自ドメインを設定するにはWordPress側にも変更が必要になるので設定を変更していきます。

  1. WordPressにログインし、設定に進みます。

  1. 以下のような画面が表示されたら「サイトアドレス(URL)」を独自ドメインに変更し、「変更を保存」します。

  1. 変更が保存されると左上の表示が変わります。変更が確認できればWordPress側の設定は完了です。

設定した独自ドメインでアクセスしてみます。

このように独自ドメインでウェブページにアクセスできれば成功です。

さいごに

今回はEC2で構築したWordPressをRoute53でドメイン設定する手順を紹介しました。Route53を利用することで簡単にWebページに独自ドメインを割り当てることができました。

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。