bashで簡単にページ異常メールを送る方法

はじめに

サーバーダウン時や外部から機械学習用のPCに接続しており、学習が終わった時にメールが来れば便利だと思い調べたので紹介する

使うコマンド

  • bash -> .shの実行
  • curl -> 指定したURL先の情報取得
  • grep -> curlで取得したデータから指定の単語を取得
  • mail -> 指定したメールアドレスへ送信
  • corntab -> 定期的に指定コマンド実行

.shファイル例

ただ、bashでmailを送るのみなら4行目のみでいい

URLとmail_addressとwordとMail_messageとMail_Subjectは任意のものを指定

2行目      : 指定URL先からデータを取得し、Wordの数を出力し変数numに格納
3〜5行目 : Wordが一つもない場合メールを送信

1 #!/bin/bash
2 num=`curl "URL" | grep -c -i Word`
3 if test $num -eq 0;then
4 echo "Mail_message" | mail -s "Mail_Subject" mail_address
5 fi

crontab設定

$ vim cron.conf

1 */1 * * * * /bin/bash mail.sh #1分ごとに実行する


$ crontab cron.conf

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様