Siriでawsのwebサーバーを再起動&停止させられるようにしてみた。(iOS12 ショートカット利用)

 やったこと

apacheがコケて死んだときに、「Hey Siri!サーバー再起動!」だけで、自分のサイトが蘇るように。

↓↓できたもの↓↓

呼び出すだけでwebサーバーの再起動、停止ができます。

できて動画にするまで約1時間くらい。すごく簡単に遊べます。

webサーバーを再起動させるのをSiriにさせるのは怖すぎるので実用ではなく、ネタです。

↓を読めば、Siriを呼び出してサーバーになにかさせる、までは簡単にできる。そう、iPhoneならね。

作り方

必要なものはサーバーとアプデしたiphoneだけ。iOS12に上げればどれでもOKなはずです。

まずはサーバー側から。自分のサーバーがあればそれでいいですが、今回はテストのために立てました。

とりあえず、WordPressが入っててさっさと起動できるものをec2で用意

高速WordPress

こちらのAMIから起動、ブラウザアクセスしてWordPressの初期設定を適当に終わらせてTOPを表示できるようにします。

「ショートカット」では鍵認証が使えなさそうなので、パスワード認証のみにします。

$ sudo passwd ec2-user
xxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxx
$sudo vim /etc/ssh/sshd_config
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PasswordAuthentication yes
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
$sudo systemctl restart sshd

これでパスワード認証に変わりましたので「ショートカット」から簡単にアクセスできるようになりました。

Xの新しいパスワードは適当につけると弾かれてる可能性があるので気をつけてね。

ここからが本番、「ショートカット」の設定です。

app storeから、「ショートカット」を検索、ダウンロードしてきます。

起動するとこんなかんじ。

作ったのが乗ってしまっていますが。まぁ、だいたいこんな感じ。ここからショートカットを作成を押します。

ショートカットの作成画面に入ります。sshの項目があるので、したの検索からsshを入力

SSH経由でスクリプトを実行をタップします。

ホスト名にはサーバーIPを入力、amazon linux2なのでec2-user、パスワードは先程設定したものを入れます。

入力したら、Siriから呼び出せるように右上の設定をタップ

名前もわかりやすいようにこちらから変更、また、Siriのフレーズをタップして、呼び出したい時のセリフを入力すれば完成です。

出来上がりは最初の動画のように

まとめ

sshでスクリプトを実行できると様々なことをサーバーに行わせることができます。

今回のようにパスワード認証にしてしまうとセキュリティ強度が落ちてしまいます。

遊ぶにはいいですが、必要なセキュリティ要件を満たした上で便利に使いましょう。

鍵認証できるかいろいろ探し中・・・。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様