WordPressでBackWPupを使ってバックアップを取る方法

はじめに

WordPressを使用するにあったてバックアップは必須である そこでプラグインの一つであるBackWPuPを使ったバックアップの方法を紹介していく

インストール方法

プラグインの検索枠に BackWPup と入力し1つ目のものをインストールし、その後有効化する

BackWPup設定

プラグインをインストールすると画面左のメニューバーにBackWPupが追加されるので
その中の新規ジョブ追加をする
ジョブタスクの選択は任意だが不安なら全てチェックしておけばよい
アーカイブ名はそのままで良い

アーカイブ形式はOS次第であり、WindowsならZip、Macやlinux系ならTar GZip

定期的にバックアップするのであれば
スケジュールタブをクリックし
WordPressのcronを選択する
すると画面下にスケジュール設定画面が出てくるので設定をする

バックアップファイルの保存方法でS3を選んだ場合は
アクセスキーと秘密鍵を入力するとパケットの選択ができるようになるのでパケットを選択する

ジョブ一覧から作成したジョブを選択して手動で実行することや設定の編集も可能である

ジョブの実行をし、終了すると次のようになる
これでバックアップファイルの保存方法で選択したところにバックアップが完了する

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様