【Amazon WorkSpaces】障害時の自動復旧の挙動について

(2018年10月に AWS へ問い合わせた結果です)

疑問点

日本語版 FAQ

Q: ユーザーのデータはどのようにバックアップされますか?

WorkSpace のユーザーボリュームは 12 時間おきにバックアップされます。WorkSpace に障害が発生した場合、AWS はバックアップからそのボリュームを復旧します。Amazon WorkDocs Sync が WorkSpace で有効になっている場合、ユーザーが同期を選択したフォルダは継続的にバックアップされ、Amazon WorkDocs に保存されます。
よくある質問 – Amazon WorkSpaces(仮想クラウドデスクトップ) | AWS

英語版 FAQ

Q: How is a user’s data backed up?

The user volume on a WorkSpace is backed up every 12 hours. In case of a WorkSpace failure, AWS can restore this volume from the last backup. If Amazon WorkDocs Sync is enabled on a WorkSpace, the folder a user chooses to sync will be continuously backed up and stored in Amazon WorkDocs.
Amazon WorkSpaces – FAQs

上記 FAQ の記述を見ていて気になった。

  • Q1. 復旧させる場合、ユーザー側でなにか操作が必要?
    • can restore? will restore?
  • Q2. 自動的に復旧される場合、対象となる障害は?
    • ハードウェア障害時のみ?
    • ソフトウェア的な問題によりステータスが Unhealthy の場合も含む?
  • Q3. Windows マシンの場合、WorkSpace の再構築と同様に、復旧時に C ドライブの内容は初期化される?

AWS からの回答

Q1. 復旧させる場合、ユーザー側でなにか操作が必要?

  • 不要

Q2. 自動的に復旧される場合、対象となる障害は?

  • ハードウェア障害によって、既存のユーザーボリュームが利用できなくなった場合を想定
  • ソフトウェア的な問題により、ステータスが Unhealthy になった場合は対象外

Q3. Windows マシンの場合、WorkSpace の再構築と同様に、復旧時に C ドライブの内容は初期化される?

  • C ドライブ: 起動元のバンドルを使用して復旧されるため、起動直後の状態に戻る
  • D ドライブ (ユーザーボリューム) : 12 時間ごとに取得しているバックアップからリストアされる

まとめ

責任共有モデル のまんまですね。

  • WorkSpace の可用性に関する要求が高い場合は、CloudWatch メトリクスで Unhealthy な WorkSpaceを監視 したほうが良さそう
  • C ドライブになくなって困るようなものを配置すべきでない
    • D ドライブも最大半日巻き戻るので、重要なファイルは Amazon WorkDocs などソフトウェアレイヤーでリアルタイム同期・バックアップしておくべき

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。