【Amazon WorkSpaces】カスタムイメージの更新を既存 WorkSpace へ反映

概要

こちらへ記載したとおり、WorkSpace の再構築時やハードウェア障害時は、初回起動時に指定したバンドルのイメージから C ドライブが復旧される。

逆に言うと、カスタムバンドルのイメージ設定を更新版カスタムイメージへ差し替え → WorkSpace 再構築を行うと、こんなことが可能。

  • C ドライブ: 更新後の最新カスタムイメージの内容で初期化
  • D ドライブ: 12 時間ごとの自動スナップショットから復旧
    • 最悪 12 時間前の状態に巻き戻るが、既存ドライブ内容を保持

方法

1. カスタムイメージ作成
2. カスタムバンドル更新

3. WorkSpace の再構築

疑問: Windows アップデートも再構築で反映されるの?

されます。

疑問: アプリケーションの追加も再構築で反映されるの?

更新版カスタムイメージ作成時にアプリケーションを、

  • C ドライブへ追加した場合: 反映される
  • D ドライブへ追加した場合: 反映されない

疑問: カスタムイメージに含まれるユーザープロファイル (D:\Users\username 配下) の内容は再構築時に復元される?

復元されない。

ドキュメントの記述からも読み取れるが、一応下記を行って確認。

  1. まっさらな WorkSpace 起動
  2. そこからカスタムイメージ 1 とカスタムバンドル A 作成
  3. カスタムバンドル A から WorkSpace 起動
  4. ユーザープロファイル内のカスタムイメージ記録対象領域にファイル保存
    • ドキュメント: D:\Users\username\Documents\カスタムイメージ.txt
    • ユーザープロファイル直下のファイル: D:\Users\username\カスタムイメージ\カスタムイメージ.txt
  5. カスタムイメージ 2 作成
  6. カスタムバンドル A に紐づくイメージをカスタムイメージ 2 へ差し替え
  7. カスタムイメージ 1 削除
  8. 4.でユーザープロファイル内に作成したファイルをすべて削除
  9. ユーザープロファイル内にファイル作成
    • ドキュメント: D:\Users\username\Documents\自動バックアップ.txt
    • 画像: D:\Users\username\Pictures\自動バックアップ.bmp
    • ユーザープロファイル直下のファイル: D:\Users\username\自動バックアップ\自動バックアップ.txt
    • D ドライブ直下のファイル: D:\自動バックアップ\自動バックアップ.txt
  10. D ドライブがバックアップされるまで (12 時間以上) 待機
  11. 再構築

=> 再構築後には 9.で作ったファイルのみ存在。

疑問: リアルガチで D ドライブは巻き戻るの?

何度でも言いますが、本当に巻き戻ります。

消えては困るファイルが存在する場合は、ほんの12時間程度、お茶でも飲んで待ちましょう。

確認環境

Windows 10 の WorkSpace で確認。

参考

WorkSpace の再構築

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。