Amazon WorkSpaces Application Managerでインストールする方法

はじめに

Amazonの仮想ディスクトップサービス、Amazon WorkSpacesには
AWSのコンソールからアプリケーションをインストールする方法がある
そのサービス名をAmazon WorkSpaces Application Manager(以下、Amazon WAM)という
今回はAmazon WANの使用方法を調べたので紹介していく

Amazon WAMを使えば、アプリケーションのバージョン管理が簡単に行える
しかし、まだ東京リージョンに対応していないので、使用する場合には、対応しているリージョンでWorkSpacesを使う必要がある

対応しているリージョンでコンソールよりWorkSpaces見てみると、下記のようにApplication Managerの項目がある

今回はバージニア北部で立てたWorkSpacesで使って行こうと思う

Amazon WAMでできること

Amazon WAMにはプランが二種類あり、無償版のAmazon WAM Lite と、有償版のAmazon WAM Standardがある

任意のアプリケーションのバージョン管理やアップデード管理を行う場合にはStandardを導入する必要がある

今回は無償の方でMarketplaceで配布されているものからDLと管理をしてみる

使用方法

まず、AWSコンソールをウェブブラウザで開き、Workspacesのページにアクセスする
Aplication Managerのアプリケーションを開き、AWS Marketplaceからアプリケーションを追加をクリック

今回は無料のFilezillaをインストールするためFilezillaを検索し出てきたFilezillaをクリック

すると、このように画面が変わるので、条件に同意してサブスクライブするをクリック

次に、Return to application catalogをクリック

そして、暫く待つとこのようにユーザーとグループなどのタブが出てくるので
ユーザーとグループの中のユーザーまたはグループの追加をクリック

すると、このような画面に変わるので、任意のディレクトリを選択し、検索をする

検索して出てきたユーザーとグループから必要なところにチェックボックスを入れ右に移動させ、続行をクリック

今回はLite版のためバージョンやインストールタイプの選択はできないので、
そのまま確認をクリックする
インストールタイプは任意と必須があり、必須の場合は強制的にインストールされる

そのまま次の画面も確認および割り当てをクリック

ここまで終わったら次はAWSコンソールではなくWorkspacesにログインする
そして 

C:\Program Files\Amazon 
# エクスプローラーでここにアクセスし、WorkSpacesApplicationManager.exeを実行

をインストールする

そして、インストールされたAmazon WANを起動し、DISCOVERをクリックすると
Filezillaがあるので赤枠で囲った下矢印をクリックするとインストールされる
このとき、MY APPSにはAmazon WAN経由でインストールされたアプリのリストが表示される

無事、インストールされたことを確認できた

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。