WorkSpaces内にファイルサーバを構築する

WorkSpacesを使うときに、ファイル管理用にプライベートなファイルサーバを構築する方法を紹介します。

構築方法

WorkSpacesを作成したときに、AWS Directory Serviceでディレクトリを作成したと思います。

その時に使用したVPC内にぶっこむだけです。

EC2でファイルサーバを構築します。

何でも良いですが、今回は「Windows Server 2016」を使いました。

作成する時に、Directory Serviceで使っているVPCを選び、ファイルサーバを置きたいサブネットを選択します。

※AWSは同じVPC内であればデフォルトでサブネット間で通信ができます。


それ以外は特別することはありません。

EC2作成後は、OSに合わせたファイルサーバを構築します。

今回はWindows Serverでファイルサーバ構築したいと思います。

サーバにログインしたらサーバマネージャーを開き、役割と機能の追加(Add roles and features)をクリック

次へをクリック

そのままで次へをクリック

そのままで次へをクリック

ファイサーバー」と「ファイルサーバーリソースマネージャー」を選択し、次へ

そのままで次へをクリック

選択できているか確認し、インストール

少し時間がかかります。

できたら再起動し構築は終了です。

サーバマネージャー > ファイルサービスと記憶域 > 共有

ここが管理画面になります。

共有するフォルダを設定し、ユーザや権限などを設定することで共有する事ができます。


試しにFileServerという名前で設定して見た。

WordSpacesにログインしてファイルサーバにアクセスしてみるとこんな感じ。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。