EC2で立てたWindowsServer2016をAWS Directory Serviceのドメインに参加させる。

WorkSpaces内にファイルサーバを構築する

こちらでファイルサーバの管理はできますが、アカウント情報がsimpleADのものと違うため、ログインが必要だったり、管理を別途しなければならないなどの問題があります。

そのため、サーバー自体をドメインに参加させ、SimpleADの機能と連動させることで管理を楽にしてみます。

この記事ではまず、サーバーをドメインに登録するところまで行います。

VPCの設定

DHCPオプションセットへディレクトリの情報を追記

対象のVPCへさっき作ったDHCPオプションセットを追加

これでVPC内からドメインに接続できるようになりました。

WindowsServer2016をドメインに参加させる

まずはドメインにコンピュータを参加させます。

システム画面を開き、設定の変更から開いたシステムのプロパティの変更をクリック

次の画面で、ドメインの部分に「ディレクトリの DNS 名」を入力します。

入力後再起動を求められるので、従うまま再起動。

接続時のアカウントを

ID:ディレクトリのAdministrator名@ドメイン名  (例)Administrator@20181012.hacknote.jp

PW:ディレクトリのAdministratorパスワード

を入力してSimpleADの管理アカウントでログインできます。

ログイン後ユーザー確認するとこんな感じ

ユーザーとコンピュータより確認(右クリ管理者として実行)すると、サーバーのコンピュータ名が追加されています。

これでEC2のWindowsServer2016がドメインに参加できました。

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。