Amazon WorkSpaces Application Managerで”強制的に”インストールする方法

はじめに

以前こちらの記事でAmazon Workspaces Application Manager(以降Amazon WAM)を使ってソフトウェアをユーザーの任意でインストールする方法を紹介した

今回はAmazon WAMのサブスクリプションをLite(機能制限無料版)からStandard(5 USD/ユーザー/月)に変えたので以下の2つの機能を紹介していく

用意するもの

  1. 既にWorkSpacesApplicationManager.exeのインストールされた仮想ディスクトップアカウント
  2. AWSコンソール

ユーザーへのアプリケーションの割り当て

基本的には前回の記事を参考にしてもらう
そして、前回の記事の後半以降に出てくるユーザーへのアプリケーションの割り当ての項目のみ前回とは違い指定する
インストールタイプを必須、バージョンは任意のものを指定する
その上でAmazon workspacesの仮想ディスクトップにログインすれば自動でインストールされる
インストール後であってもAWSコンソール側でバージョンを変更すれば仮想ディスクトップ側に反映される

注意!!

仮想ディスクトップ側でAmazon WAMが常にインストールされた状態でなければ強制インストールはされないためC:\Program Files\Amazon にあるWorkSpacesApplicationManager.exe は必ずインストールする

ユーザーへのアプリケーションの割り当て後にWorkSpacesApplicationManager.exeをインストールした場合はその後に自動で割り当てされたアプリケーションがインストールされる

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。