WorkSpacesに固定IPを割り振る

workspaceに固定化されたIPを割り当てたいときの手順を紹介します。

割り当てにあたって、Elastic IP(EIP)を使用していきます。

サービスの一覧から「EC2」に飛び、ネットワーク&セキュリティ項目の「Elastic IP」をクリックしてください。

IPアドレスの割り当てを行い、新しいElastic IP を入手してください(元から余っている人は飛ばして大丈夫)

入手したIPアドレスを選択し、「アクション」から関連付けを選択。

以下の画像の通り進める(リソースはデフォルトだとインスタンスになってる)

右下の関連付けをクリックしたら、IP固定化の完了です。

ネットワークインターフェースがわからない場合

わかる人は飛ばして大丈夫です。

EC2のメニューにある、「ネットワークインターフェース」をクリック(Elastic IPの3個下)

「説明」の部分が 「Created By Amazon Workspaces for AWS Account ID hogehoge」になっているのが、workspaceのネットワークインターフェースです。

複数ある場合は、詳細から「プライマリプライベート IPv4」の項目などから判断してください。

確認テスト

workspaceにログインし、IPアドレス確認サイトなどで割り当てたIPアドレスに変わっているか確認。

IP確認サイト

コマンドプロンプトの「ipconfig」はプライベートIPを表示するから注意

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。