wpdbクラスを使ってデータベースからSELECTする

public function getLastVisit($owner_ids){
    global $wpdb;
    $query = "select ID, lm1.meta_value as select_owner, lm2.meta_value as visit_meet
    from $wpdb->posts
    left join $wpdb->postmeta as lm1 on (ID=lm1.post_id and lm1.meta_key='select_owner')
    left join $wpdb->postmeta as lm2 on (ID=lm2.post_id and lm2.meta_key='visit_meet')
    where post_type = 'visits' and post_status = 'publish' and lm1.meta_value in ($owner_ids)
    group by ID order by visit_date desc";

    $sql_results = $wpdb->get_results($query, ARRAY_A);
    return $sql_results;
}

グローバルの$wpdbオブジェクトを呼び出して、wpdbクラスの関数を利用することでwordpressデータベースと直接やりとりできる。 get_results()は、SQL文を入力として受け取り、ARRAY_Aとすれば結果をレコードごとの配列で返す。

wpdbクラスのinsertやreplaceを用いて、中身を変更することも可能。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWSの移行・構築はプロにおまかせ

サーバーからAWSへの移行も新規構築も初期費用無料です。
面倒なサーバー業務は全てお任せください。

くわしく読む