Workspacesのバンドルをログインユーザーから変更する

新しくWorkSpacesでコンソール画面からではなく、バンドルやボリュームサイズの変更がユーザ側からもできるようになりました。

Announcement: Amazon WorkSpaces introduces user self-service management capabilities

この機能を使って、ログインユーザーからバンドルを変更をしたいと思います。

最初に

AWSのWorkspacesのコンソール画面でセルフサービスを有効にしていきます。

WorkSpacesのコンソール画面から「ディレクトリ」を選択します。 セルフサービスを有効にしたいディレクトリを選択し、「アクション」から「詳細の更新」をクリック

下のほうの項目の「ユーザーセルフサービスアクセス許可」を下の画像のように変更

※ 変更する項目が絞れていたらそれのみで良いです。

※ 権限がない場合、有効化しようとすると「更新中にエラーが発生しました」と出る。権限を確認しておく。

以上でコンソール側の設定は終わりです。あとは変更できるかどうか試すだけ。

テスト  (Mac)

今回はバンドルの変更を行ってみる。

WorkSpaceを開き、ログインする。 画面左上の「MyWorkSpace」より、「コンピューティングタイプの変更」を選択(画像だと英語)

下のような画面が出るので自分の好きなバンドルに変更する。

これでバンドルの変更が出来ます。updateに少し時間がかかりますが、ちゃんと終わります。

windowsの場合

windowsでは画面左上ではなく,WorkSpace上の設定マーク(歯車マーク)から変更することが出来ます。(画像参照)

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。