「Dashボタンでウォーターサーバーの備品注文をできるようにしてみた」のお値段

Dashボタンでウォーターサーバーの備品注文をできるようにしてみた

色々頑張って作成したウォーターサーバーの発注自動化、毎回電話する必要も無くなりました。

普通こういったシステムを入れるとき、DBやら入力フォームを持ったサーバーを用意してやるのが普通なのかもしれません。

でも、こんな時々発生する、ちょこっとした仕事の為にサーバーを用意するのもお値段が・・・

しかも立てたらサーバーの維持が・・・。アップデートが・・・セキュリティが・・・。

しかし!今回はサーバーレスで作成している為、サーバー維持を考えずしかも安いのです!

ってことでウォーターサーバーの発注自動化のお値段を計算して行きたいと思います。

以下は自動化システムの構成図になります

今回使用したサービスはこんな感じです。

  • S3(発注タスク保存用ファイルとログの2つ)
  • Lambda
  • APIGateway
  • SES
  • IoT 1-click

<計算から除いてるもの>

  • 通信費用
  • 人件費
  • 替えの水の代金

目安として月額で出したいと思います。 1日に2回補充ボタンが押されて、メールを1回送るとします。 そうすると月に休日を除き約21日とし、月にボタン42回、メール21回と仮定して進めて行きます。

S3の料金

S3料金

S3の料金は保存サイズとリクエストで値段が変化します。

ログが増えていくので多く見積もって1Mとします。 S3の料金表では0.025USD/GBとなっているので 0.025 × 0.001 = 0.000025USD とします。

次にリクエストの料金表となってます

リクエスト料金
PUT、COPY、POST、または LIST リクエストリクエスト 1,000 件あたり 0.0047USD
GET、SELECT および他のすべてのリクエストリクエスト 1,000 件あたり 0.00037USD

ボタン、メール共データベースの方にPUT,GETを行い、メールはログの方にPUT,GETを行うため、それぞれ84回ずつとします。

PUT 0.0047 × 0.001 × 84 = 0.0003948 GET 0.00037 × 0.001 × 84 = 0.00003108

となりS3全体での合計額は、

0.0003948(PUT) + 0.00003108(GET) + 0.000025(容量課金) = 0.00045088 USD

Lambdaの料金

Lambda料金

Lambda料金は実行時間と使用メモリ量によるので、試しに動かしてみると、

課金期間
3s
想定メモリ
128M
使ったメモリ
40M

となっています。料金表では

メモリ (MB)1 か月の無料利用枠の秒数100 ミリ秒単位の価格 (USD)
1283,200,0000.000000208

となっていて、月にボタン、メールの両方で動くので

0.000000208 × 30 × 63 = 0.00039312 USD

APIGatewayの料金

APIGateway料金

料金表では

リクエスト数 (月間) 価格 (100 万あたり)
最初の 3 億 3,300 万4.25 USD

となっているので、

4.25 × 0.000001 × 63 = 0.00026775 USD

SESの料金

SES料金

料金表では

お客様の利用状況お客様の支払い額追加料金
E メールクライアントやその他のソフトウェアパッケージからの E メール送信1,000 件ごとに 0.10 USD添付ファイル 1 GB につき 0.12 USD

となっています。今回はテキストメッセージのみで追加料金はかかる心配はなく、またメールの送信は月に21回になり、一回の宛先が2つ(発注先と念の為自社のアドレス)なので42となります。

0.10 × 0.001 × 42 = 0.0042 USD

IoT 1-Click の料金

料金表では

有効なデバイス数有効なデバイスあたりの月額料金
1~14,9990.25 USD
15,000~74,9990.2 USD
75,000~99,9990.15 USD
100,000 以上0.1 USD

となっています。
そして

お客様のアカウントで 1,000 台のデバイスを AWS IoT 1-Click で使用し、すべてのデバイスを 11 月 1 日に有効にするとします。

デバイス 1~500 はその月の終わりまで有効にします。これらデバイスについては、1 か月分の課金となります。

デバイス 501~1,000 は 11 月 16 日に無効にします。このデバイスについては、15 日分の課金となります。

とのことですが、いちいち有効化、無効化していられない&そんなに高くないので月額料金そのままにします。

0.25 USD × 1 個 = 0.25 USD

結果発表!

多くの計算をいたしました。以下が一覧になります

サービス料金(USD/月)
S30.00045088
Lambda0.00039312
APIGateway0.00026775
SES0.0042
IoT 1-Click0.25

そして気になる合計は…

0.25531175 USD

1USDを120円と換算して

30.63741円!!!!!

100円いってないです…1年使って370円くらいです… すごい…

まぁ、ミスってボタン連打とかをし続けたり、修正を押しまくったりすると増えますが、大量に行わなければかなり安いです。

まとめ

・お金

AWS費用:0.637円

EC2のt2.nanoでも$5くらい月額でかかるので、圧倒的やすさ!無料枠残ってる方はその中で余裕のハズです。

・時間

環境構築・仕様調査・調整など40時間程度

・Dashボタン代

¥2500

やはり自動化は素晴らしい

作るまでは大変だけどいい経験になりました。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。