Slackbotが自分だけに何か言ってくる

Dashボタンでウォーターサーバーの備品注文をできるようにしてみたでslackのメッセージにボタンを付けて、そのボタンのタップorクリックの情報でLambdaを動かしていました

しかし、ボタンをタップorクリックすると何やらSlackbotが自分だけに怪しいセリフを…
とりあえず、めんどくさいのでグーグル翻訳
Google「ダーン – それは動作しませんでした。 それを別のものに自由に感じてください。」
何を言っているのでしょう?動作していますし… 意味的には「ガーン、動作しなかったから変更してね」的な感じかな?

きっとほかの人たちも同じ現象で困っているだろう!
ということでググったのですが、まともな回答がなく…


どうやらボタンをタップorクリックしてから3秒以内に何かレスポンスをしなければいけない様子


しかし、AWSのAPI GatewayはHTTP200を返していますし、何なら3秒以内にlambdaからメッセージを送っています。
メッセージの後にDarn – that didn’t work. Feel free to give it another go.が出たりするので

結論:

なぞでしかない…Slackのバグかな?設定ミスなら修正できるけれどもSlack側のバグだとどうしようもないし…
とりあえず、表示が邪魔なことに目をつぶればボタンの動作に影響はないので問題はない様子
仕方がないので解決方法がわかるまで無視することにします

追記2019/01/16

偶然管理者アカウントでログインしボタンを押したところ以下のようなエラーメッセージが出てきました
これでこの現象の解決へ一歩近くのではないでしょうか?

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。