WordPressカスタムフィールドの値を取得する

WordPressのカスタムフィールドに格納された情報を取り出す関数をいくつか調べてみたのでまとめる。

get post meta

ある投稿の取り出したいキーの値を取り出します。

[使用例]


<?php $meta_values = get_post_meta($post_id, $key, $single); ?>

[パラメータ]
$post_id
カスタムフィールドの値を取り出そうとしている投稿のID。編集画面の投稿一覧でタイトルにカーソルを合わせれば確認できます。

$key
取得したいキーの文字列を指します。

$single
ここには真偽値が入ります。”true”の場合、文字列として単一の結果を返します。”false”または値をセットしなかった場合、関数はカスタムフィールドの配列を返します。

get post custom

指定する投稿から、すべてのカスタムフィールドの情報を配列で取得します。

[使用例]


<?php get_post_custom( $post_id ); ?>

[パラメータ]
$post_id
カスタムフィールドの値を取り出そうとしている投稿のID。

get post custom keys

指定した記事や固定ページから、すべてのカスタムフィールドのキーを配列で取得します。

[使用例]


<?php get_post_custom_keys($post_id); ?>

[パラメータ]
$post_id
カスタムフィールドの値を取り出そうとしている投稿のID。

get post custom values

1 つのキーに複数の値が割り付けられているカスタムフィールドの値を取得するのに便利です。$post_id で指定した ID の投稿から、$key で指定したキーを持つすべてのカスタムフィールドの値を配列で取得します。

[使用例]


<?php get_post_custom_values( $key, $post_id ); ?>

[パラメータ]
$post_id
カスタムフィールドの値を取り出そうとしている投稿のID。

$key
取得したいキーの文字列を指します。

参考 : wikipedia

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。