ec2インスタンスに2つのネットワーク・インターフェースと2つのEIPを関連付ける

初めに

タイトルのまんまです。

EC2インスタンスに2つのネットワーク・インターフェースを取り付けてそれぞれにEIPを割り振る手順です。

webサーバーなどで必要なときに。今回は全新規作成の手順ですが、作成後にアタッチもできます。

手順

インスタンス作成前であれば非常に楽です。

作成画面の項目にethの項目があるので、追加ボタンを押せば、追加できます。

作成時に追加できるのは一つまでですが、起動後にインスタンスタイプごとの上限まで追加でアタッチすることができます。(記事最後の注意事項参照)

EIPの関連付けはネットワーク・インターフェースを指定して行うことができます。

EIPの取得後、関連付けでそのまま取り付けたネットワーク・インターフェースを指定するだけで可能です。

この手順で問題なく2つのネットワーク・インターフェースにそれぞれEIPを取り付ける事ができました。

注意事項

インスタンスタイプごとに、ネットワーク・インターフェースの関連付け数、インターフェースごとのEIPの関連付け数が異なります。

Elastic Network Interface

一つのインスタンスに複数のEIPを関連付けると別途料金が発生します。2019年1月8日現在、1つあたり追加で0.005USD/hですね。

Elastic IP アドレス

追加の EIP をそのインスタンスに関連付ける場合は、追加の EIP 毎に時間当たり(プロラタベース)の料金が請求されます。追加の EIP は Amazon VPC でのみ利用可能です。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。