WorkspacesのMACアドレスに関して。確認方法、固定できるか、など。

WorkspacesのMACアドレスに関して

WorkspacesのMACアドレスはEC2同様関連付けられたENI(Elastic Network Interface)に固定されたものが割り振られます。

WorkspaceのIPを確認後、EC2のネットワーク・インターフェースより該当のENIを探します。

こちらの画面より、ENIに割り振られたMACアドレスが確認できます。

固定できるの?

ENIに関連付けられたMACアドレスは基本的に変わることはありません。

Elastic Network Interface

インターフェイスでは、プライベート IP アドレス、Elastic IP アドレス、および MAC アドレスがそのまま維持されるため、交換用のインスタンスにネットワークインターフェイスを接続するとすぐに、ネットワークトラフィックはスタンバイ用のインスタンスに流れ始めます。

なので、基本的に固定されると思って大丈夫です。

ただしEC2と違い、いくつか注意する必要があるようです。

WorkspaceにアタッチしているENIはアタッチし直せない

WorkspaceのENIは上に書いたようにコンソール画面から確認できます。

デタッチもできるのですが、アタッチ先をWorkspaceに選べません。

(誤ってデタッチした場合サヨナラしか無い・・・)

なので、Workspaceの復旧作業などのために再作成・何かしらの理由で新規作成して引き継がせるときにMACアドレスを引き継がせることはできません。

ディレクトリサービスのサーバーMACアドレスに関して

Simple AD、マイクロソフトAD、AD Connectorに関しても同じくENIを持っているので確認が可能です。

しかし、こちらはデタッチもできないようになっていますので、同じく新しく作ったものに引き継がせることはできません。

まとめ

・基本的にはMACアドレスはENIに記載されているもので固定されている。

・使っている間(再起動、停止など)はMACアドレスが変わることはないが、引き継がせることはできない。

ハックノートをフォローして
最新情報をチェックしよう

AWS構築サービスの全てをまとめた資料を公開中

ハックノート(TOWN株式会社)では、AWSの導入や構築支援を行っています。AWS導入メニューやサービス詳細、構成例や費用を掲載した資料をダウンロードできます。

AWSの新規導入やAWSへの移行を検討の際は、ぜひご参考ください。


APNコンサルティングパートナー

TOWN株式会社はAmazon公認コンサルティングパートナーです。