【Movable Type】エントリーの日付表示を工夫しやすくする

<div class="date">
<span class="month"><$mt:EntryDate format="%m"$></span>
<span class="day"><$mt:EntryDate format="%d"$></span>
<span class="year"><$mt:EntryDate format="%Y"$></span>
</div>

このようにmt:EntryDateのフォーマットを細かく分けそれぞれ別々に出力するようにすると、日付表示を工夫しやすくなります。
まとめて出してしまいがちですが、時には分けてみるのもいいかもしれません。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様