Git:masterの修正内容をブランチにマージする

通常は改修単位でブランチを切り、そのブランチをmasterにマージしますが、ブランチの改修が長引いたりそのブランチも別バージョンのように並行して長期走る場合、master側の内容を反映させたい場合があります。

その場合、masterをブランチ側にマージしてしまいましょう。

まずmasterを反映したいブランチにチェックアウトしておきます。

git checkout branchname

そしてブランチにmasterをマージします。

git merge master

これで完了です。

マージされた「branchname」側にはmasterの内容が反映されますが、マージした「master」側にはなんの影響もありません。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様