【Xcode】カスタムクラスを作る

XcodeではCSSでいうところのClassを「カスタムクラス」として1ファイルごとに作成し、紐付けていくことで枠線や色などを指定することができます。

作成・適用方法

  1. 適当なLabelをストーリーボード上に追加します。

  2. Command+N(もしくは File>New>File から)> Cocoa Touch Classを選択しNextをクリック

  3. まず、SubClass ofに「UILabel」を入力し、Classに任意のクラス名(例えば MyH1Title など)を入れます。
    先にSubClass〜に指定するのは、この入力内容が自動的にClassの方にも追加され、自分の設定した名前が変更されたことに気が付きにくいからです。

  4. LanguageをSwiftであることを確認し、Nextで保存場所を指定しCreateをクリックすれば完成です。

  5. 使用する際には、カスタムクラスを結び付けたいオブジェクトをクリックして選択状態にし、「Custom Class」のClassに先ほど作成したクラス名を入力すれば完了です。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様