Swift で Objective-C のライブラリを利用する

まず、新規ファイル作成でヘッダファイルを作成します。 ここでは Sample-Briding-Header.h とします。

次に、Sample-Briding-Header.h で使用したい Objective-C のライブラリのヘッダを記述します。

#import <AFNetworking/AFNetworking.h>

[BuildSetting] → [Swift Conpiler – Code Generation]

Objective-C Bridging Header の項目に、Sample-Briding-Header.h を設定します。

これで swift 上で Objective-C のライブラリが使用可能となります。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様