RDSのProcessListを監視して、CloudWatchにプロットする

RDSで固まっているスレッドを検出して、個数をCloudWatchにプロットします。
閾値を600とします。

[rds-processlist-put.sh]

#!/bin/bash

export EC2_REGION=ap-northeast-1
export AWS_CLOUDWATCH_HOME=/opt/aws/apitools/mon
export JAVA_HOME=/usr/java/default

PREFIX=".xxxxxxx.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com"
KEY=key.pem
CERT=cert.pem

HOST=$1

if [ "$HOST" = "" ]; then
  echo "usage: rds-processlist-put.sh {ID}"
  exit 1
fi

RESULT=`mysql -h${HOST}${PREFIX} -u{user} -p{pass} -e "SELECT COUNT(*) FROM information_schema.PROCESSLIST where USER != 'rdsadmin' and TIME > 600;" | grep -v COUNT`

${AWS_CLOUDWATCH_HOME}/bin/mon-put-data --metric-name RDSProcessList --namespace "CustomAWS/RDS" --dimensions "DBInstanceIdentifier=${HOST}" --value $RESULT --ec2-private-key-file-path=${KEY} --ec2-cert-file-path=${CERT}

sh rds-processlist-put.sh {ID}

で実行します。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様