jQuery:すべてのテーブルセルにカラム番号を自動付与する

$(function(){
    $("table tr").each(function() {
        $(this).children().each(function (i) {
            i = i+1;
            $(this).addClass("column-" + i);
        });
    });
});

すべての「table tr」を参照しループ、その直下要素(th,td)でさらにループ。
それらセルに「column-1~」と行番号クラスを付与していく。

テーブル幅を整えるためだけならば1行目のセルだけに付与すれば済むので、そうした場合は最初の参照を「table tr:first-child」とするだけ。

$(function(){
    $("table tr:first-child").each(function() {
        $(this).children().each(function (i) {
            i = i+1;
            $(this).addClass("column-" + i);
        });
    });
});

HTMLタグ直指定で全走査すると重そうにも思えるので、通常使う時は「table.class tr」と特定クラス付与のテーブルに限定したほうが良さそう。

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様