NSNotificationを追加・削除する

NSNotificationはaddObserverで登録することができますが、addObserverが返す返り値を利用してremoveObserverを起動することが可能です。

// 追加
let observer = NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserverForName(...略...)

// 削除
NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(observer)

observerをリストにして保持しておくことで、画面遷移時などの削除が容易になります。

// observer保持用のリスト 
var observers = [NSObjectProtocol]()

// 追加時
observers.append(NSNotificationCenter.defaultCenter().addObserverForName(...略...))

// 削除時
for observer in observers {
  NSNotificationCenter.defaultCenter().removeObserver(observer)
}

参考

AWSを利用した導入事例のご紹介

実際に構築を行ったAWSの事例を紹介しています。導入の目的に近い事例をご覧いただくと、実際の構成例やメリット、注意点などが把握できます。

ブックオフコーポレーション株式会社様
第一生命保険株式会社様
株式会社電通様
株式会社LIFULL様
株式会社リブセンス様
TBSアナウンス部様
明治大学様
拓殖大学様