のアーカイブ

SelectDataで定義したメソッドがvelocityで使えなくてはまった

2017年9月14日

# 問題 aipoではXXXSelectDataを、velocityに$resultの名前で渡しているので、$result.methodとすればvelocity内でmethodの返り値が使える。 しかし今回SelectDataに新しくメソッドを追加し、velocity内で使おうとしたところ、使えなかった。 # 解決 色々調べたが解決せず、散々悩んだ挙句、もしやと思いdockerを再起動したところ、解決した。 # 原因 velocity周りは
続きを読む

velocityで降順のforeach

2017年9月13日

velocityには降順でソートしたり、foreach回したりする文は多分ない。 ので、手書きでまわす。 $list内の要素を降順で取り出したい場合 ``` #set($listEnd = $list.size() - 1) #foreach ($num in [$listEnd..0]) $list.get($num) #end ``` ただ、velocityでやるより、最初からlistに降順で格納しといたほうが良い気がする。速度的
続きを読む

react-native(ES6)のimportはコードを実行する?

2017年9月7日

``` import 'hogehoge'; ``` react-native(ES6)では、上記のように記述することで、ファイルを丸ごとインポートすることができます。 この場合、そのファイルのトップレベルのコードが全て実行されるようです。 ``` export function sumTwo(a, b) { return a + b; } console.log("hello"); ``` ファイルhogehogeが上のよう
続きを読む

atomコマンドがつかえなくなった。

2017年8月16日

端末からAtomを起動する際にatomコマンドが使えるが、今日突然command not foundで使えなくなった。 ## 解決法 * launchpadなどからatomを一度起動する * 端末を再起動する これで治った ## 原因 Atomがバージョンアップすると、Atomの実行ファイルが置いてある場所が変わってしまう。 atomコマンドは以前のバージョンが置いてあった場所を参照しているが、これはバージョンアップに伴い削除され
続きを読む

react-nativeでToast

2017年8月9日

画面の下にちょこって出てくるToast。 Native-Baseを使う。 ### 構文 ``` import { Toast } from 'native-base'; Toast.show({ text: 'メッセージ', position: 'bottom', buttonText: 'Okay' }); ``` ### 設
続きを読む

react-native renderされるタイミング

2017年7月26日

react-nativeでrenderされるタイミングは以下の2種類しかない * stateが変更される * propsが変更される stateが変更された場合、shouldComponentUpdate()がよばれ、ここでtrueが返った場合componentWillUpdate(),render(),componentDidUpdate()の順に実行される。 propsの場合、基本的には同じ流れだが、上記のshouldComponentUpdate()
続きを読む

ディレクトリ毎に読み込むvimrcを変える

2017年7月12日

自分のディレクトリに入ったときだけ適応したい設定があるときとかに 1. 任意のディレクトリに.private.vimというファイルを作成する 1. 同じディレクトリに.vimrcを作成し、適応したい設定を書く 1. ~/.vimrcに以下を追記する ``` let s:dir = getcwd() let s:ans = findfile(".private.vim", fnameescape(s:dir) . ";") if len(s:an
続きを読む

ディレクトリ毎に環境変数を変えるツール

2017年7月5日

共用マシンなどで、環境変数を変更できない場合、あるディレクトリだけで使えるローカルな環境変数が欲しくなったりする。 いちいちsourceコマンドをたたくのは面倒だと思っていた所、良さげなツールがあった。 [direnv](https://github.com/direnv/direnv) 任意のディレクトリに.envrcファイルを用意し、そこに環境変数を設定しておくと、そのディレクトリがカレントになったときだけ、設定した環境変数が有効になる。 参考
続きを読む

Realmでオブジェクトを条件指定して取ってくる

2017年6月7日

``` realm.objects('name') ``` これでnemaのオブジェクトを全部とってこれる ``` realm.objects('name').filtered("条件") ``` これで条件にあった内容をとってこれる。 条件のなかでは 数値型では ==、!=、>、>=、
続きを読む

ユーザーを指定してgit clone

2017年5月24日

プライベートリポジトリのcloneはユーザーが指定されていなければできない。 globalでユーザー名を指定できれば ``` git config --global user.name [username] ``` で設定すればいいが、できないときはどうすれば。 以下のコマンドで、ユーザー名を指定してcloneできる。 ``` git clone https://username@github.com/~~~ ``` 一時的に他のユ
続きを読む

Githubでブランチ削除

2017年5月17日

github上でブランチを削除するメモ 1. ページ上部のリポジトリのステータスが書いてある欄のbranchesをクリック 2. 削除したいブランチの右側にあるごみ箱マークをクリック コンソールでやるとめんどくさいけど、この方法なら楽です。
続きを読む

javascriptでスクロール制御

2017年3月21日

イベントが起こったら一番下までスクロールしたい。 あるいは、ある場所までスクロールしたら何かしたい。 前者はelement.scrollTopプロパティ、 後者はelement.onscrollを用いることで実現できる。 ``` //elementを一番下までスクロール element.scrollTop = element.scrollHeight; // スクロールした時の処理をきめる element.onscroll = functio
続きを読む

javaでListをソート

2017年3月14日

``` list.sort((a, b) -> func); ``` funcの値によってlistの要素がソートされる。 -1なら逆順1なら昇順
続きを読む

javaで日時を比較

2017年3月7日

compareToメソッドがつかえます。 ``` Date date1 = DateFormat.getDateInstance().parse("2017/01/01"); Date date2 = DateFormat.getDateInstance().parse("2017/01/02"); return date1.compareTo(date2); ``` date1とdate2が同じ日付なら0 date1の方が未来なら0よりおおきい
続きを読む

githubで行単位の変更履歴を見る

2017年2月27日

この行いつなんで追加したんだろうってときに 1. githubで履歴をみたいファイルを開く 2. 履歴を見たい行を選択する 3. コードが表示されるスペース上部にある[Blame]をクリック
続きを読む

oss版の更新をsaas版に反映させる

2017年2月23日

oss版のソースコードを更新した場合、以下の手順を踏まないとsaas版に反映されません。 ossのビルド->saasのビルド
続きを読む

vimで現在の行の上の行にペースト

2017年2月20日

``` 1 2 3 ``` 2の行にカーソルがある時に[p]でペーストすると2と3の間にペーストされますが、大文字の[P]でペーストすると、1と2の間にペーストされます。 1行目の上にペーストしたいときに便利です。
続きを読む

javaで切り上げ割り算

2017年2月6日

整数の割り算を切り上げで計算したいとき。javaにかぎらず大抵の言語で割り算は切り捨てなので、どうやろうかいつも迷うのでメモ。 **(割られる数 + 割る数 - 1) / 割る数** おしゃれじゃないので%とかifとかを使ってやってはいけない。
続きを読む

eclipseでローカルのファイルと前回のコミットを比較する

2017年1月26日

前回のコミットから何を変更したのかとか、調べたい時に。 調べたいファイルを右クリック>比較>コミット... コミット以外にも他のブランチとかでもできる。
続きを読む

pom.xmlってなぁに

2017年1月23日

実際に弄ったことはないけどたまに見かけるpom * Project Object Modelの略 * バージョンや、開発者などのプロジェクトの情報が書かれている * 依存ライブラリなどのビルド設定も書かれている * mavenはこれを元にいろいろしてくれる pomに必要な情報を書いておけば、依存ライブラリのダウンロード/インストールだったり、サイトの構築だったり、なんだりをmavenが自動でやってくれるらしいです。 ぽむ
続きを読む