初めて仮想デスクトップサービスを使うまでのまとめ

このページでは仮想デスクトップの知識が全くない方でも、Amazon WorkSpacesを使って、実際に仮想デスクトップを動かすための具体的な方法を、構築方法から、端末からの接続、仮想デスクトップへのファイルの共有方法まで解説しています。

解説している通りに実践すれば、1日程度で仮想デスクトップ環境を動かすことができます。

既にAmazon WorkSpaces以外の仮想デスクトップを使っている方も、利用開始までの構築期間の短さや、一時的な用途に適していることなどを実感できます。

WorkSpacesの構築

まずはWorkSpacesについて把握し、WorkSpacesを構築してみましょう。WorkSpacesはAWSが管理しているサービスとして提供されているため、管理画面から設定するだけで簡単に構築できます。

WorkSpacesへの接続

WorkSpacesの構築が終わったら、実際に接続してみましょう。WorkSpacesは様々な端末から接続ができます。専用のソフトウェアをインストールして接続をするだけで利用開始できます。

WorkSpacesを運用する

WorkSpacesへ接続し、目的の業務が行えそうでしたでしょうか。利用できそうであれば、本導入のために運用も考慮してみましょう。